top of page

Wolfgang Schuchbaur

ヴァイオリン / violin

1961年にウィーンで生まれ、6歳のときにビレック教授から初めてヴァイオリンの手ほどきを受けた。1981年ウィーン音楽高校を卒業後、ウィーン市立高等音楽院でブリュックナー教授とマーク教授のもとで研鑽を積む。

1986年、ウィーン交響楽団の第2ヴァイオリンセクションに入団し、2年後の1988年にウィーン市立高等音楽院を卒業した。オーケストラ活動の他、ウィーン交響楽団のヨハン・シュトラウス・アンサンブルのメンバーでもある。


Wolfgang Schuchbaur was born in Vienna in 1961 and received his first violin lessons at the age of six with Professor Bilek. He graduated1981 at the Musikgymnasium Wien and studied at the Konservatorium Wien Privatuniversität with Professors Brückner and Mark. In 1986 Schuchbaur became a member of the Vienna Symphony Orchestra in the second violin section and two years later, in 1988, passed the diploma examination. In addition to his orchestral activities, he is a member of the Johann Strauss Ensemble of the Vienna Symphony Orchestra.

123-456-7890

Wolfgang Schuchbaur
bottom of page