top of page

Paul Rabeck

ヴィオラ / viola

1984年にウィーンで生まれ、5歳からヴァイオリンのレッスンを受けている。ウィーン音楽高校に入学後、ヴァイオリンをミヒャエル・シュニッツラー、ヴェロニカ・ゴットフリート、クララ・フィーダー、ペーター・シューマイヤーに師事。2005年にヴィオラに転向し、2011年、Wolfgang KlosとUlrich Schönauerのもとで演奏家コースを優秀な成績で修了した。また、ブルーノ・ジュランナ、タベア・ツィンマーマン、ルボミール・マリー、オグニアン・スタンチェフ、モートン・カールセンのマスタークラスを多数受講して研鑽を深め、室内楽はもちろん、レコーディングやクロスオーバー・プロジェクトにも頻繁に参加して音楽の幅を広げ、ウィーン音楽・舞台芸術大学IKM(文化経営研究所)で音楽マネジメントの学位も収めてている。2009年よりORFウィーン放送交響楽団のオーケストラ・アカデミーに参加し、2011年3月よりヴィオラ奏者となる。2017年10月よりウィーン交響楽団ヴィオラ奏者。


Born in 1984 in Vienna, she began taking violin lessons at the age of five. After attending the Vienna Music High School, she studied violin with Michael Schnitzler, Veronica Gottfried, Clara Fieder, and Peter Schümeyer. 2005 she switched to viola, and in 2011 she completed the performer He completed the course with distinction in 2011 with Wolfgang Klos and Ulrich Schönauer. She has also deepened her studies by attending numerous master classes with Bruno Juranna, Tabea Zimmermann, Lubomir Marie, Ognian Stanchev, and Morton Carlsen, and has expanded her musical horizons by frequently participating in recordings and crossover projects as well as chamber music. Since 2009 he has been a member of the Orchestra Academy of the ORF Vienna Radio Symphony Orchestra, where he has been viola player since March 2011.


Paul Rabeck
bottom of page