top of page

Andreas Nell

ウィンナーオーボエ / wiener oboe

シュタイアーマルク州バート・ラドカースブルク生まれ。8歳で最初の音楽教育を受ける。グラーツ音楽大学、インスティテュート・オーバーシュッツェンでゲルハルト・トゥレシェック教授にオーボエを師事する。フリーランスのオーボエ奏者として、オーストリアの様々なオーケストラ、アンサンブル、プロダクション、フェスティバルなどに参加。ウィーン国立オペラ座、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン・フォルクスオーパー、RSOウィーン放送交響楽団、トーンキュンストラー管弦楽団、ウィーン室内管弦楽団、ウィーンノイエオペラ(ウィーン公演、ブレゲンツ音楽祭)、ウィーンオペラ座舞踏会楽団、ビューネバーデン、等。ヨーロッパ、アジアで様々なアンサンブルやオーケストラと積極的にコンサート活動を行う。またオーストリア各地の音楽学校でオーボエの指導を行っている。


Born in Bad Radkersburg, Styria. First musical education at the age of 8. Studied oboe at the University of Music in Graz, Institute Oberschützen with Prof. Gerhard Turetschek. After graduation worked as a freelance oboist in various orchestras, ensembles, productions and festivals in Austria, such as: Vienna State Opera, Vienna Philharmonic Orchestra, Vienna Volksoper, RSO Vienna, Lower Austrian Tonkünstler Orchestra, Vienna Chamber Orchestra, Vienna Chamber Opera, New Opera Vienna (productions in Vienna and Bregenz Festival),Vienna Opera Ball Orchestra, Baden Stage. Active concert activity in Europe and Asia with various ensembles and orchestras. Teaching oboe at various music schools in Austria.

Andreas Nell
bottom of page